• 日本全国送料無料 100%本物保証 7 日間返品&返金
  • Tel: 086-23-62326017(平日10:00-20:00) メール: info@umetion.jp 会社概要

女性が憧れるイマドキのプロポーズとは

西日本を中心に結婚相談所フィオーレを展開する株式会社トータルマリアージュサポートは、婚活真っ只中の男女126名から聞いたプロポーズに関する意識調査アンケートを実施した。調査の結果、「結婚してください!」というストレートな言葉で、婚約指輪を渡される、そんな直球なプロポーズが女性の憧れであり、プロポーズにサプライズや演出は必要という回答が7割以上を占める結果となった。

■プロポーズにサプライズや演出があったほうがいい?

 男女ともに、7割以上がプロポーズ時の演出はあったほうがいいという調査結果だった。女性の意見としては、凝った演出をして欲しい!というよりも、どちらかというと「サプライズまでいかなくても、素敵な場所でなどの演出はしてほしい。(40代・女性)」、「なくてストレートなのもいいと思うけど、あったら思い出に残りそう。(30代・女性)」のように、サプライズや演出があればなお嬉しいし記憶に残るから、という意見が大半を占めた。

 演出が不要と答えた人は、「心からの言葉で十分です。(40代・女性)」、「演出もいいですが、まずは自分の真剣な思いを伝えたいです(30代・男性)」のように、サプライズよりもまずは気持ちが伝わることが優先、という意見が多く見られた。プロポーズは人生に一度の大イベントで、まずは自分の気持ちを伝えることが大切。その上でちょっとした演出があると「特別であり、思い出に残る一時(30代・女性)」になりそうだ。

■プロポーズはどんな日にしたい?されたい?

 男女とも、特にこだわりがないという回答が最も多く、特に女性の7割がそのように回答した。一般的に「女性は記念日を重視する」というイメージが少なからずあるのでちょっと意外な感じもするが、理由を聞けば「なるほど」と思える調査結果となった。

 その理由は、「プロポーズされた日が新たな記念日になるから、特にこだわりはない(30代・女性)」、「心が決まった時に伝えて欲しいから。(30代・女性)」、「雰囲気でいきたいです。うまくその気持ちになればいつでも、その日を記念日にすればいい。(30代・男性)」などが挙げられた。無理に何らかの記念日にあわせるよりも、この人と結婚したい、という気持ちが固まったときにその想いを伝えれば、その日が二人にとって新たな記念日になりそうだ。

「記念日と重ねたほうが、印象深いので。(30代・女性)」、「彼女の誕生日に最高のプレゼントを。できれば、翌年の誕生日に挙式を挙げると、みんなに祝福されそうです。(30代・男性)」など、気持ちを伝える日が二人にとっての記念日とうまく重なれば、より思い出に残るプロポーズになるのは間違いなさそうだ。

■プロポーズはどんな場所・シチュエーションでしたい、またはされたい?

 プロポーズの日にはこだわりはなくとも、プロポーズの場所は演出をしたい、して欲しいという意見が多い調査結果となった。男女ともに一番人気は夜景のきれいな場所で、特に男性からの支持率は50%を超えた。「ロマンチックな雰囲気で相手に想いを伝えれば、より深く思い出に残ると思う。(20代・男性)」、「ロマンチックな場所でプロポーズされたい(30代・女性)」など、やはり夜景のきれいな場所はロマンチックなムードが盛り上がりそうだ。

 女性はそれ以外にも、二人の思い出の場所や素敵なレストランも人気で、「海とか、夜景とかもいいですが、告白された場所、もしくは告白した場所もいいですね。(20代・女性)」、「忘れられない特別なものにしたいという相手の気持ちが嬉しいです。(40代・女性)」などの意見も見られた。

「自宅で誰にも邪魔されずに言いたいです(30代・男性)」、「何気ない会話の中でふと口にしてほしいです。(30代・女性)」のように普段の場所でプロポーズしたいという意見もあった。ナチュラルで飾らないプロポーズは少数派だったが、一定数から支持がありそうだ。

■どんな言葉でプロポーズをする?またどんなプロポーズをされると嬉しい?

 男性はストレート系と共に歩もう系がほぼ半々、女性はストレート系の言葉が嬉しいと答えた方が7割弱、という結果となった。「余計なことは言わずはっきりと伝えたい(30代・男性)」、「いろいろ話すと雰囲気でプロポーズと分かってしまいそうなので、ひとことでグッと掴まれるストレート系。(20代・女性)」、「どんな言葉であれ、結婚してくださいの言葉は欲しい。(30代・女性)」という意見があるように、プロポーズは相手にはっきりと気持ちを伝えることが重要。それにはストレートな言葉が最も単純で最も伝わりやすい。「一緒に生活をしていく上で協力をしていきたいのでともに歩みたい気持ちを伝えたいです。(30代・男性)」という共に歩もう系の言葉も、ストレートな気持ちの現われだ。

■さらにサプライズとして記念になるものをプレゼントするとすれば、何をプレゼントする?またプレゼントされると嬉しいものは?

 プロポーズの言葉に加えて手渡すもの。男性は婚約指輪・アクセサリー・花束・直筆の手紙と意見が分かれたが、女性は婚約指輪が約半数で圧倒的に多いという調査結果に。婚約指輪と回答した女性の意見は、「やはり給料3ヶ月分の指輪がもらえたら幸せ!長年の夢が叶います!(30代・女性)」、「ありきたりですがこれが一番うれしいです。(30代・女性)」。男性の意見も同じように、「やっぱり結婚といえばね。(30代・男性)」とあるように、プロポーズに婚約指輪という定番のシチュエーションには憧れがあるようだ。

 ただ、婚約指輪を渡すには指のサイズを知らないといけないし、一生ものであるからこそ気に入るデザインかどうか、という問題もある。「サイズが分かっていれば指輪。分からないなら花束。(30代・男性)」、「婚約指輪や結婚指輪は、二人で選びたいので、他のアクセサリーがいいです。(20代・女性)」、「半永久的に残るブリザーブドフラワー。アクセサリーや指輪は好みがあるので一緒に見に行きたい。(20代・女性)」のように、指輪以外のものを渡すのもアリだ。

「婚姻届はちょっと重い気がするので、それ以外ならなんでも嬉しいですし、何もなくても嬉しいです。(40代・女性)」、「物をもらったから、どうかじゃないと思う。気持ちが伝わればいいと思う。(30代・女性)」という意見もあった。


 

発表時間:2014-10-15
次の編:年3億稼ぐ女性社長に学ぶ
前の編:平愛梨34歳で“真珠夫人”が理想


商品0
合計0